Sencha Blog

最新のSencha製品を使い始める5つのコツ

こんにちは、ゼノフィnakamuraです。

この記事は、US Sencha社ブログ Top 5 Tips — Get Started with the Latest Sencha Product Releases を翻訳したものです。

20131008-top-5-tips新しいiOS 7のリリースが世界中の話題になっていたり、GTA 5で遊ぶためにゲーム機の前に座り込んでいる間にSenchaが、フレームワークとツールのアップデートをいくつか公開しました。一つの製品リリースではなく、四つの製品リリース:Sencha Touch 2.3、Ext JS 4.2.2、Sencha Cmd 4とSencha Architect 2.2.3

新製品のリリースを記念して、アプリケーション開発を迅速に開始するための最高のトリックをいくつか教えます。またSenchaの公式トレーニングにも参加できます。トレーニングではこの四つの製品を使いこなせるようになるだけではなく、私達のエキスパートの講師からベストプラクティスを学べます。

まずは基本的や便利なコツの紹介から始めますが、後にそれが本当に重宝なコツに進展します。

5)Sencha Cmdをコマンドラインインターフェイス (CLI) からアップグレードする方法

Sencha Cmdを最新の安定したリリースにアップグレードするために、次のコマンドをCLIに入力してください:

1
sencha upgrade
1
2
3
4
5
marsair:SenchaTraining mars$ sencha upgrade
Sencha Cmd v4.0.0.203
[INF] Determining the latest version of Sencha Cmd
[INF] The latest version of Sencha Cmd is 4.0.0.203
[INF] Sencha Cmd 4.0.0.203 is this version.

オンラインにもっと新しいベータ版があるか確認するためには、このパラメータを前のコマンドに追加して下さい:
--check;

1
sencha upgrade --check

最新のベータ版リリースにアップグレードするには、CLIに次のコマンドを入力して下さい(注意:これは既存のSencha Cmdのバージョンをダウングレードする可能性があります):

1
sencha upgrade --beta

Sencha Cmd 4とSencha Architect 2.2.3は最新のSencha TouchとExt JSリリースに最適化されました。

さて、既存のアプリケーションをアップグレードしましょう!

4)既存のアプリケーションを新しいSencha TouchとExt JSリリースにアップグレードするのは簡単です。

最新のフレームワークはここからダウンロードして下さい: http://www.sencha.com/products/extjs/download/

or http://www.sencha.com/products/touch/download/. フォルダをアンパックして、CLIを開いて、既存のExt JS・Sencha Touchにアプリケーションに移動して下さい。アップグレードするために、次のコマンドを入力して下さい:

1
sencha app upgrade [path-to-framework]

Sencha Architect 2.2.3では、マイナーバージョン間はアップグレードできます。プロジェクトインスペクター内のResource Libraryを右クリックして、Upgrade to Ext 4.2.x または Upgrade to Sencha Touch 2.3.x. を選択して下さい。アップグレードは新しいフレームワークのための構成と設定に必要な変換を実行します。だいたい、これは最小です。

Sencha Touch 2.3はiOS 7(Cupertino)のテーマ、以前のiOSテーマ(Cupertino Classic)Android向けのテーマ(Mountain View)を提供しています。既存のBlackBerryのテーマにいくつかの改善も行いました。このテーマは既存のSencha TouchデフォルトテーマとWindows Phoneのテーマを増強します。

さて、Cupertionテーマを利用してSencha Architectでアプリケーションを生成しましょう

3) Sencha Architectを利用してiOS 7のアプリケーションを生成する方法

デフォルトでSencha ArchitectはSencha Touchのデフォルトテーマを利用します。他のテーマを選択するには、プロジェクトインスペクターのResource Libraryを選択して、テーマプロパティをクリックして下さい。ここで次のテーマを使用しましょう:BlackBerry、Cupertino、Cupertino Classic、Default、Mountain View、Windows。

テーマについて、あなたの(モバイル)ブラウザがデバイスプラットフォームによって、どのテーマを与えるか検出できたら最高ではないですか?それでは次のコツをご覧ください。

2) デバイスのプラットフォームを検出して、適切なSencha Touchテーマを提供する方法

app.jsonを開いて下さい。CSS配列で、テーマ名とパスと一緒に異なるテーマを提供すべきプラットフォームを追加します。

下の例をご覧ください:

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
"css": [
    {
        "path": "resources/css/sencha-touch.css",
        "platform": ["desktop"],
        "update": "delta"
    },
    {
        "path": "resources/css/wp.css",
        "platform": ["ie10"],
        "theme": "Windows",
        "update": "delta"
    }
]

次のテーマはすぐに使えますが、各プラットフォームに自分のカスタムテーマを提供することもできます:

  • sencha-touch.css (デフォルトテーマ)
  • wp.css (Windowsテーマ)
  • cupertino.css (iOS 7 テーマ)
  • cupertino-classic.css (classic iOS テーマ)
  • mountainview.css (Android テーマ)
  • bb10.css (BlackBerry テーマ)

次が指定できるプラットフォームです: android, base, blackberry, chrome, desktop, firefox, ie10, ios, ios-classic, phone, safari, tablet and tizen.

ブラウザでアプリケーションをプレビューして、各プラットフォームテーマでテストするには、次のapp URLを最後に追加して下さい。

1
?platform=<platformname>

最後のコツは大勢の人を喜ばします。次のコツはcompass watchのコマンドをご存知の方は喜ぶと思います。Sencha Cmdはバックグラウンドでアプリケーションを「watch」できます。プロジェクトを保存する度に、Sencha Cmdはバックグラウンドでアプリケーションとスタイルシートを構築します。ブラウザウィンドウの間を切り替えるぐらい素早いです。なので、次が最高のコツです。

1) Sencha Cmdがアプリケーションとテーマをバックグラウンドで構築させる方法

CLIに次のコマンドを入力して下さい:

1
sencha app watch

このコマンドはバックグラウンドで動作して、共通のファイルの変化を自動的に扱います。プロジェクトに関する変更は保存した・検出される度に連続的にアップデートされますので、アプリケーションとCSSが最新になっているために最小の操作が行われて、自分で手動でapp refreshの実行やSassを再び構築する必要がなくなります。この機能はSencha Cmd 4と結合されたSencha Touch 2.3とExt JS 4.2.2に使用可能となっています。

注:これが動作できるためには、Java SDK 7がコンピュータにインストールされている必要があります。

このコツが役に立ったら嬉しいです。この製品やそれ以上のものはSenchaの公式トレーニングで説明されます。もし近場でSenchaのトレーニングを受けたかったら、オープン形式のコースをご覧になるか、オンライントレーニングに参加してください!

より良いのは、トレーニングを受けてSenchaのアプリケーションを開発してから、あなたのスキルが認定されるようにSencha Certificationを受けてください。私達のFast Trackトレーニングコースに申し込むとSencha Certificationの価格から$200の割引を利用できます。

PAGE TOP

Copyright © 2006-2014 Xenophy.CO.,LTD All rights Reserved.