Ext JS

AT&T が API Platform SDK 2.1 を発表

こんにちは、ゼノフィkotsutsumiです。

この記事は、US Sencha社ブログ “Announcing AT&T API Platform SDK 2.1″を翻訳したものです。
イントロダクション

Sencha社は、開発者がHTML5アプリケーションからAT&T APIを利用することができる、私たちのSDKの最新版がリリースされたことをうれしく思います。

このリリースは、前のリリースを基にビルドされ、Sencha Touch2、およびSpeechやMobile Number (Beta)のApp Messagingのような新しいAPIを含みます。



SDKの内容

このSDKは、AT&T Developer Programのウェブサイトから入手可能で、Sencha Touchアプリケーションを作るために必要なクラスを含みます。 必須のゲートウェイサーバーソフトウェアについて、それぞれのサーバーで必要な ドキュメントおよびインストール方法が、有名な3つの言語(Ruby on RailsとJavaとPHP)で提供されています。

Sencha Touchが動作するユーザークライアントおよびAT&T API サーバーと、ゲートウェイサーバーとの通信には、Ext.Directを利用します。


さぁ、はじめよう

前のバージョン同様、開発環境にSDKをダウンロードする必要があります。 このSDKが下位互換が持たないことに注意してください。 従って、作成したアプリケーションをSencha Touch 2に対応させる必要があります。 Sencha Touch から Sencha Touch 2への移行はマイグレーションガイドを参照してください。


新しいAPI

あなたのアプリケーションの可能性を広げるために、AT&Tはいくつかの新しい刺激的なAPIを追加しました。

AT&Tにオーディオファイルを送信すると、Speech APIを利用して音声をテキストに変換することができます。 たくさんの文章を、正確に会話で入力できるようなります。
App Messaging from Mobile Number (Beta)を利用して、許可されたユーザーに対して、あなたのアプリケーションからアメリカ内AT&Tの携帯電話にメッセージを送信することができます。

既存のAPI

上記で紹介したAPI以外に、AT&Tプラットフォームで利用できる強力なAPIスイートがあります。

SMS ショートメッセージサービス — アプリケーションから AT&T の顧客にテキストを送信することができます。
MMS マルチメディアメッセージングサービス —長文と写真をアプリケーションから AT&T の顧客に送信することができます。
支払い — 開発者と代理店に対して、AT&T加入者の請求に支払いを上乗せさせることができます。
位置情報 — ユーザーの同意の下、デバイスの位置情報と座標を取得することができます。

実施

Sencha TouchのMVCアーキテクチャーを利用して、アプリケーションでSDKを利用するには、 Ext Loaderの機能を有効にすることと、クラスの位置を設定するだけです。

Ext.Loader.setConfig({
    enabled: true
});

Ext.Loader.setPath({
    'Att': 'app/lib'
});

/**
 * {Sample description here}
 * @class SampleApp
 */
Ext.application({
    name: 'SampleApp',

    // add your controllers, views, models and stores here
    controllers: [],
    views: [],

    launch: function(){
        this.Provider = new Att.Provider({
            // optional configurations
        });

        this.provider.sendSms({
            address : '1-818-555-1212',
            message : 'Your message here',
            success : function(response) { .... },
            failure : function(error) { ... }
        });

    }
});

どのようなことができるか想像しましょう

Sencha TouchとAT&T SDKで、他のアプリケーションができない通信が行えます。 現在AT&TのAPIを利用すると、モバイルアプリケーションは、以下のような機能を利用することができます。

  • ユーザーに、新しいメッセージなど、アカウント・アクティビティを知らせることができます。
  • 紛失したパスワードを、モバイル機器に送信することができます。
  • 強化された支払い機能を利用できます。
  • 近くのサービスと企業を探すができます。
  • クーポン画像を送信したり、テキストで投票を行ったりできます。

詳細な情報は、AT&Tデベロッパーサイトを見てください。

PAGE TOP

Copyright © 2006-2014 Xenophy.CO.,LTD All rights Reserved.