HOME > 開発者向けBLOG > Sencha Blog >  SenchaCon 2015 ロードショーアジア – 2週間で4都市

Technology Note 開発者向けBLOG

Sencha Blog

SenchaCon 2015 ロードショーアジア – 2週間で4都市

こんにちは、ゼノフィnakamuraです。

この記事は、US Sencha社ブログ SenchaCon 2015 Roadshow Asia – 4 Cities in 2 Weeks を翻訳したものです。

Sencha フレームワークやツールの最新ニュースを届けるために、5月はアジアの国々を訪れました。SenchaCon ロードショーのおかげで、アジアパシフィックコミュニティーに Sencha からの大きな発表を直接届けることができました。Sencha のエキスパートやパートナーによる素晴らしいセッションもありました。

Ext JS 6 の新機能は早速試すことが可能です。 今すぐにベータ版をダウンロード してください。

我々はメルボルン、香港、ソウル、そして東京を訪れました。以下がアジアパシフィックのソリューションエンジニアでもある Stefan Stölzle による報告です。

メルボルン

アジア初の SenchaCon ロードショーはメルボルンから始まりました。アジアパシフィックの代表 Jeff Pope によるキーノートの後、わたしは Sencha Ext JS 6、Fashion、Pivot Grid、App Theming、Sencha Inspector を含む最新の製品について発表を行いました。そこからは、我々のプロダクトマネージメントのディレクター、Nick Harlow が Sencha Space が HTML5 アプリケーションを管理、デプロイするのにいかに強力であるかをプレゼンしました。また、Sencha のソフトウェアエンジニア代表、Evan Trimboli は ViewModel とデータバインディングについて詳しく解説を行いました。

お客様による発表の1番手は REMASYS Pty Ltd. でした。彼等は Sencha フレームワークを使用して作ったウェブ & モバイルモニタリングシステム、Eagle-i というアプリケーションを披露してくれました。また、 Business Aware Solutions の Roger Hawkins は、ウェブサービスや Google Map などと統合しながら Sencha Touch アプリケーションを作る手順を丁寧に解説してくださいました。 Greentree International からは、Cameron Hallmark が Sencha の技術を使ってどのように ERP システム、Greentree4 を作ったかを発表してくださいました。また、 FTI Technology からは、Zhe Wang が Ext JS ユーザーエクステンション をゼロからコーディングする方法を観客に披露してくださいました。

SenchaCon ロードショー初日の最後のセッションは、Sencha JetBrains プラグインがいかに開発者の生産性を高めて素晴らしいアプリが作りやすくなるかを発表しました。

初日を成功に収めた我々は香港に飛びました。

香港

香港の湾仔地区の中心で、我々は素晴らしいお客様の前で Ext JS 6、Sencha Space、Sencha JetBrains プラグイン、Sencha Cmd を使用したアプリケーションの最適化、そしてアプリケーションデバッグについて話しました。

8Securities からは、Cedric Roll と Alfred Ma が、彼等のソーシャル貿易ソリューションを作るのになぜ Sencha の技術を選んだかを発表し、デモをしていただきました。 Omniscient Software Pvt. Ltd. Omniscient Software Pvt. Ltd. からは、Milan Mehta が カスタム Ext JS コンポーネントをどのように拡張、もしくは作るかを解説していただき、Sencha フレームワークの上に作られたアプリケーションにテーマ付けするとはどういうことかを発表していただきました。 Benjamin Eberle は、Sunrock Labs Ltd. によって開発されたダイナミックなドラッグアンドドロップ WYSIWYG フォームビルダー、 「TOPO」 を披露してくださいました。

Nick、Jeff、とわたしは香港でたくさんのコミュニティメンバーと会うことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。ソウルへの短いフライトの後、我々は CEO の Art Landro と合流しました。

ソウル

ソウルでのイベントは見事満員御礼で、100人以上の参加者がいらっしゃいました。CEO の Art Landroによるキーノートから発表を始め、私も Sencha 技術の最新ニュースをソウルの皆様にお伝えしました。Nick Harlow は、ウェブアプリケーション管理、デプロイ、セキュリティーについての課題やベストプラクティスについて話、そういったものを Sencha Space を使ってどのように乗り越えるかを解説しました。また、朝の部の最後に私から Sencha JetBrains プラグインのデモンストレーションがありました。

午後からの部は全て韓国語と行われました。Sencha パートナーでもある Mirae Web から、Manyoung Cho と Muhyung Park が Sencha フレームワークを使って開発を行う場合の利点を発表してくださいました。また、どの様にイベント主導のアーキテクチャでウェブやモバイルアプリを開発することができるかを披露してくださいました。このセッションに続き、 Cloudine から Hyo Kun Park により、Ext JS 5 を使用して作ったビッグデータマネージメントプラットフォーム Flamingo をデモしていただきました。 EMRO の KwangSeob Kim は観客に Ext JS 5、Sencha Architect、Sencha Cmd を使ってどの様にして大規模なウェブアプリケーションを開発するかを披露してくださいました。 Vinflux の Sung Kyo Jung は、Sencha 技術がベースになっている、彼等の統合されたロジスティックマネージメントソリューションをプレゼンしてくださいました。

私は、Mirae Web の CEO、Manyoung Cho に大きな感謝を述べたいと思います。彼と彼のチームのおかげで素晴らしいイベントとなりました。

ソウルの皆さんの熱意に感動と興奮を覚えながら、我々はイベントの最終地点、東京に向かいました。

東京

東京では朝に Sencha によるセッションに加え、 8Securities の Cedric Roll が満席の会場に向けて彼等の作ったソーシャル貿易プラットフォームを紹介しました。

ソウルのイベントと同様、午後からの部は日本語によって行われました。まず始めに、 NTTコミュニケーションズ株式会社 の益子直樹氏と 株式会社ゼノフィ の代表、小堤一弘氏によって、どの様に NTT が Ext JS をベースに Advanced Operation Portal を開発したかを解説していただきました。 そして、 アリエル・ネットワーク株式会社 の大谷弘喜氏と稲垣龍一氏によって、大企業のためのウェブコラボレーションウェアアプリケーション、ArielAirOne Enterprise をデモンストレーションしていただきました。 そして、最後のセッションは株式会社ゼノフィの中村久司氏によって、販売管理システムを MS Access から Ext JS にマイグレートした事例についてを解説していただきました。

メルボルン、香港、ソウル、東京の Sencha のお客様、パートナー、そしてコミュニティーにお目にかかることができ、非常に有意義なイベントでした。

Thank you
唔該
감사합니다
ありがとうございます

PAGETOP