HOME > 開発者向けBLOG > Sencha Blog >  Top Support Tips

Technology Note 開発者向けBLOG

Sencha Blog

Top Support Tips

こんにちは、ゼノフィnakamuraです。

この記事は、US Sencha社ブログ Top Support Tips を翻訳したものです。

無制限スクロールバー

by Kevin Cassidy

タッチコンテナのスクロールバーを自動的に表示されたり消えたりする代わりに、常に表示させたいと思ったことはないでしょうか?今ならできるんです。この簡単なオーバーライドで、 Ext.scroll.View private indicatorsHidingDelay プロパティを活用することができます。 このオーバーライドは indicatorsHidingDelay がマイナス値に設定されたらば、コンテナのスクロールバーを表示状態にすることを可能にします。もしデフォルトの状態に戻したい場合は、setIndicatorsHidingDelay メソッドをプラスな値でコールすれば問題ありません。

実際の無制限スクロールバーは以下で見ることが可能です。

https://fiddle.sencha.com/#fiddle/fuo

注意: これは非常に素晴らしい助言ではありますが、プライベートコンフィグ、メソッドやイベントの取り扱いには細心の注意を払いましょう。いつ変更されるかもわかりませんし、他の問題が起きた場合にそれらの使用はサポートされません。


on Destroyable

by Seth Lemmons and Greg Barry

開発者は、Ext.mixin.Observable の on() メソッド (addListener()のショートカット )を利用することで、非常に簡単にコンポーネントエレメントにイベントリスナーを追加することができます。しかし、そういったコンポーネントやエレメントを管理している場合は一旦リスナーを外さなければいけない場合もあります。un() ( removeListener()のショートカット )を、on() で使用した同じコンフィグやスコープをパスすることで使用できます。しかし、on() が提供する、あなたのニーズに合ったより良いショートカットも存在します、destroyable: true です。

デフォルトでは destroyable オプションは false です。false にセットされると on() は ハンドラーがアタッチしたコンポーネントもしくはエレメントを返します (Ext JS 4.x では undefined を返します)。しかし、destroyable: true とすると、destroy() メソッドを持った javaScript の object が返されます。そのメソッドをコールすると、一度前にセットされたイベントハンドラーを破壊しますが、コンポーネントやエレメントはそのままです。

実際の destroyable コンフィグは以下で見ることができます:

https://fiddle.sencha.com/#fiddle/f8i

PAGETOP