HOME > 開発者向けBLOG > Sencha Blog >  「Sencha Space: ネイティブパッケージを越えて」での質疑応答

Technology Note 開発者向けBLOG

Sencha Blog

「Sencha Space: ネイティブパッケージを越えて」での質疑応答

こんにちは、ゼノフィnakamuraです。

この記事は、US Sencha社ブログ Sencha Space: Beyond Native Packaging—Your Questions Answered を翻訳したものです。

先日行われたウェビナー 「Sencha Space: ネイティブパッケージを越えて」 では、ハイブリッドアプリケーション開発で大きな摩擦の生じる原因となる重要な観点について解説しました。特にネイティブなパッケージツールを使用すると、対応している各プラットフォームのために繰り返し同じ作業をすることになるので、いかにお金と時間が無駄になるかを示しました。

そして、Sencha Space を紹介し、HTML5 アプリケーションを開発、デプロイするプロセスがいかに 簡単に、そしてより早く行えるかをデモンストレーションしました。デスクトップ、タブレット、スマートフォンに対応した、管理されたランタイム環境を使用することで、組織はアプリケーションのテストを大幅に削減することができ、コンシューマーアップストアにデプロイする面倒も省かれます。

そして、何よりも Sencha Space はこういった時間とコストを削減しながらも、ビルトインなユーザー管理とアプリケーションセキュリティを始めから提供しています。

Q&A

プレゼンに続き、その場で視聴者と質疑応答の時間がありました。一部ここで紹介したいと思います。

Q: Sencha Space クライアントアプリケーションは、自分の組織用にブランド化することは可能ですか?

A: もちろんです。Sencha Space はカスタムアイコン、ロゴ、スプラッシュ画面を使ってユニークにブランド化することができます。Space クライアント内でユーザーが認証され次第、色やロゴは組織のブランディングに合わせるために調整することができます。もしこういったことに興味があるのであれば、直接 Space チームにご連絡をください。 space-feedback@sencha.com.

Q: 一時期、アップルはアップストアを直接通さなくてもアプリに「インテリア」アプリをダウンロードし、実行させることを許可していませんでしたか?Space はどうやってこれを回避しているのですか?

A: 少し前に、アップルは利用規約を改定し、ネイティブアプリがコンテンツをどのようにアクセスでき、配信できるかを具体的に示しました。そのポリシーによると、ネイティブコードをアップストアに再申請せずにダウンロードもしくはアップデートすることは禁止されています。しかし、ウェブビューの中で実行されているものであれば HTML5 コードはダウンロードもしくはアップデートすることが可能です。もちろんこれはアプリの根本的な使用目的が変わらない場合です。

Sencha Space 内で実行されているアプリはウェブコンテンツとして認識されているため、コンシューマーアップストアの利用規約を遵守しています。

Q: Sencha Space はモバイル、デスクトップ端末いずれからもローカルリソースにアクセスすることは可能ですか?

A: Sencha Space はどのアプリケーションにも暗号化されたファイルシステムを提供しています。つまり、クライアントアプリはリソースをローカルに ( カメラやダウンロード Camera or Downloads API を通して )保存し、後に取得することも可能です。Ext.space.Camera API は、ユーザーに端末のライブラリからも写真へのアクセスを許可します。

Q: Ext.space.Invoke API はサーバーを通してメッセージを送信していますか?もしくは Space クライアント内でコミュニケーションを行っているのでしょうか?

A: Invoke とは アプリケーションをセキュアに実行し、またSencha Space 内で起動している他のアプリケーションとコミュニケーションがとれる JavaScript API です。Sencha Space は個別のアプリケーションを複数のウェブビューで実行することに対応しているため、あなたのアプリケーションはサーバーを通して非同期通知を待つ必要はありません。Invoke を使用することでアプリケーションは直接コミュニケーションを図ります。つまり、よりシンプルな、そしてよりスマートなアプリケーションが作れます。

Ext.space.Invoke API はアプリケーションがコミュニケーションを図るのは、フォラグラウンド、バックグラウンドどちらでも許可しています。また、他の Space アプリから受信したメッセージも扱ってくれます。これら全てがセキュアな Space コンテナの中で行われるため、どのデータも外部に晒されることはありません。また、管理者はどのアプリケーションがどのアプリケーションと通信できるかも設定することができます。

結論

上記の質問は、20分以上に及ぶ質疑応答のほんの一部分です。他にも幅広いトピックについて解説したので、Sencha Space をより知りたいのであれば、録画を参照することを推奨します。

Sencha Space については manage.space.sencha.com を訪れてアカウントを取ることで、無料で試すこともできます。そして ウェビナー をご覧になって、いかにアプリケーションをデプロイすることが簡単になったかを体感してください。

PAGETOP