HOME > 開発者向けBLOG > Sencha Blog >  Sencha Space 1.2 の発表

Technology Note 開発者向けBLOG

Sencha Blog

Sencha Space 1.2 の発表

こんにちは、ゼノフィnakamuraです。

この記事は、US Sencha社ブログ Announcing Sencha Space 1.2 を翻訳したものです。

私たちは Senca Space の最新版のリリースを発表できることをうれしく思います。Sencha Space は、アプリケーションを、ほとんどのユーザーにほとんどのデバイスに、面倒なことは抜きに簡単に、デプロイできるセキュアなアプリケーションマネージメントプラットフォームです。Space は2つの部分で構成されています。

  1. エンドユーザーは、スマートフォン、タブレットでアプリをダウンロード、インストールすることができましたが、Space 1.2 では、デスクトップやラップトップでも可能になりました。
  2. あなたのアプリケーションやデータへのユーザーのアクセスを管理する管理コンソールアプリケーション – クラウド上かオンプレミスで利用できるようになりました

たくさんの組織が正しいタイミングで正しいユーザー体験を正しい画面 (これはデスクトップ、タブレット、スマートフォンのことです) に届けることにプレッシャーを感じています。しかし、こういった組織のリーダーは、デスクトップとモバイルアプリケーション開発を別の物として捉えがちになっています。彼等は別々の管理とセキュリティー技術を導入し、開発、データ保護、報告業務を行い、その結果、不必要に複雑化させてしまい、コストもかさみ、開発チーム間でも摩擦を生じさせてしまっています。

Sencha Space の最新版リリースは、組織が、デスクトップ、タブレット、スマートフォンをサポートしているアプリケーションのデプロイ、監査、セキュリティの管理を手助けします。Space はクロスプラットフォーム HTML5 アプリケーションの開発、テスト、デプロイへの挑戦を手助けします。

それに加え、Sencha Space は、アプリケーションのライフサイクルを通して、開発やデプロイプロセスを合理化することによって、組織がクロスプラットフォーム、マルチデバイスアプリケーションの開発のコストや複雑さを軽減します。 これは効率的でない開発プロセスを削減し、開発、テスト、開発者によるデバッグを合理化する事によって達成できます。 アプリケーションのテストを簡単にし、複数のコードベース、ネイティブパッケージング、App store へのデプロイメントをなくすことで、企業は何ヶ月もの開発者の時間を無駄にすることなく、その時間や資源をより生産的に使う事ができます。 アプリケーションの開発プロセスの経済モデルによると、Sencha Space は既存のネイティブアプリやハイブリッドアプリの開発モデルに比べて、アプリケーションのライフタイムを通じて、企業の開発費用の60%をも削減することができます。

今回のリリースでの新しい機能

  • デスクトップ クライアント アプリケーション – 単一の統合されたプラットフォームを使って、アプリケーションをデスクトップ、タブレット、スマートフォンにデプロイできます
  • オンプレミス管理 – Space の豊富なマネージメント能力を自分のデータセンターやプライベートクラウドインスタンスにデプロイできます
  • Android 用のカスタムランタイム – 一貫していて、ハイパフォーマンスなChroimum ベースのランタイムを、Android 4.x デバイスに渡って提供することで、Android プラットフォームの断片化の負担を削減します
  • リモート デバッグ サポート – Android と iOS に対応したリモードデバッグでアプリケーション開発とテストをより簡単にし、バグをより速く、そして簡単に直す事ができます
  • Space SDK に多くの機能が追加 – Space API を使えばプラットフォームを自由自在に扱えます。新しい API についてはこちらまで。

利点

  • 簡単にビジネスアプリケーションをデスクトップ、タブレットそしてスマートフォンにデリバリすることができます。デバイス上のデータと所有権をもったアプリを隔離し、暗号化するセキュアな Web アプリケーション環境で行われます。
  • マルチデバイス対応の企業アプリケーション開発、メンテナンス、デプロイにかかるコストと複雑さを削減します。これらは複数のコードベース、ネイティブパッケージング、コンシューマー App Store へのデプロイメント、そして不安定なコンシューマーブラウザでの使用などを全て除去することで得られます。
  • クロスプラットフォームアプリケーションの開発、デバッグを、Sencha Space API とリモートデバッグ機能を使って最上級のユーザー体験を感じられます。
  • ユーザー、グループ、アプリケーション、デバイス、アクセス制御とセキュリティのポリシーを集中化させた管理システムで、IT ポリシーの強化や改善を図る事ができます。
  • 監査や規制対応を、利用状況データ解析やレポートを使ってより簡単にすることを手助けします。

今すぐに始めましょう – 無料30日間体験版

こちらからアカウントを作れば無料の体験版を利用することができます。詳しくは、更新されたばかりの Sencha Space Web サイトまで。

PAGETOP