株式会社ゼノフィ

  • 株式会社ゼノフィ
  • 〒169-0073
  • 東京都新宿区百人町1-17-6
  • 成田ビル 305
03-6805-2904
営業時間(平日)AM:9:30-PM:6:30
KingSSLWebシール

当サイトでは、セキュリティ保護のため、KingSSLサーバ証明書を使用し、強度な暗号化通信を実現しています。

SERVICE

コース詳細

ID:
Touch252
期間:
2013/12/9~12/13
場所:
東京都内
料金:
438,000円(トレーニング実施費: 398,000円 会場・運営費: 40,000円)

Touch252では、Sencha Touch 2.2を利用したiPhone、iPad、Android、Blackberry 6+のアプリケーション開発を学習します。このトレーニングにはMVC、テーマ、Sencha Touch Charting、プロダクションの最適化、そしてSencha SDKのツールを利用した、Apple iOSやAndroidのアプリケーションのデプロイといった、上級なセクションが含まれています。またこのコースは、Sencha Architect 2を使った、豊富なMVC Sencha Touch アプリケーションの開発や設計、大規模プロジェクトの共同開発、カスタムコンポーネントやソース管理などの方法も学びます。

カリキュラム

コースの前提条件
  • JavaScriptとHTMLでのアプリケーション開発の経験がある
  • JSON(JavaScript Object Notation)に関するおおよその知識がある
  • CSS(Cascading Style Sheets)での開発の経験がある
セットアップ要件

受講には、次のソフトウェアをインストールしたノートパソコン(MacまたはWindows PC)を持ってきてください。

コースの目的
  • Sencha Touch 2を使ってモバイルアプリケーションをデザイン、開発
  • スケーラブルなエンタープライズモバイルアプリケーションを開発するために、Sencha TouchのMVCアーキテクチャーを使う
  • デスクトップ用とモバイルデバイス用のアプリケーションデザインの設計の違いを理解する
  • 各種のスマートフォンやタブレットで機能するフレンドリーなアプリケーションを迅速に開発
  • フォーム、地図、タブ、ソート、メディア、チャートを統合した複雑なモバイルUIを実装する
  • ジェスチャーを効果的に処理
  • アプリケーションサーバーやWebサービスからデータを取得するバックグラウンドリクエストを作成
  • デバイスにデータを永続的に保存
  • Sencha Touchアプリケーションのスタイルやテーマを設定
  • Sencha Touchチャート
  • 製品の最適化
  • Sencha CmdでSencha TouchアプリケーションをApple iOSやAndroidにデプロイする
  • カメラなどのハードウェア機能にアクセスする
  • Sencha Architectを使ったモバイルアプリケーションの開発
  • 大きなプロジェクトでの協業、カスタムコンポーネント、ソースコントロール、ルート